Apfelwähe〜平らなりんごケーキ〜

Grüsse miteinander!!!

今日は最近ハマっているお菓子について書きたいと思います。

これがまた簡単なんですよね。。

という訳で、今回は目次付きです(ᵔᴥᵔ)

 

Apfelwäheとは

出来上がり

その名も、りんごケーキ!

…と言いたいところなのですが……うーん。

この名前合ってるのかな?(迷いが多い)

 

参考にしているレシピ本にはAprikosenwäheって書いてるんです。

ちなみに元々のレシピはアプリコットで作られています^^

これも美味しそう♪

 

ということで、「wähe」とはなんぞや?

と思ったエンテ。

ゔ、ゔぇぇえ??????(ふざけて吐いてません、発音を日本語で表現しているだけデス!)

がしかし、独和大辞典大先生に載ってない!!(ᵔᴥᵔ;;)えぇぇ

 

Googleさんによると、フラットケーキを指す様です。

確かに、ケーキでも無くタルトでも無い、そんな感じですもんね。

妙に納得〜〜〜!そしてwäheは、スイスドイツ語ですね。

 

手元にあったスイスドイツ語辞典(いつぞや友人からもらったもの)で調べてみると、

wäheヒット〜〜〜〜〜〜!!!♪(ᵔᴥᵔ)ノ♪

 

ふむふむ…

Wähe: flacher Kuchen mit süssem oder salzigem

※Belag Freitagsnationalgericht

要は

平らなケーキ(甘いでも辛いでも可)

ということです。

出典がFreitagsnationalgerichtとのことなんですが、そもそもその出典元をよく知らないので、ここまで調べるのはやめました(ᵔᴥᵔ)諦めが早い。

 

作り方

ではその「平らなりんごケーキ」。

どうやって作っていくのか!レポ開始です!

ちなみに読んでてびっくりすると思いますが、かなり適当です。

用意するもの

りんご

 

冷蔵で売られている生地
りんご 3〜4個ぐらい(こちらのりんごは少し小さめなので)
アーモンドプードル 大さじ3(こちらでは皮付きが主流の様です)
生クリーム 1カップ
砂糖 大さじ2
卵 2個

以上です!

 

実際の作業

私はまず冷蔵生地を型に敷いています。

それからりんごを切ってますが、順番はどっちでも大丈夫です(ᵔᴥᵔ)

そして黄色ボックスのものたち(生クリーム・卵・砂糖)を一気にグルグルーっと混ぜます。

これがソースになります。

 

冷蔵生地を敷いた後は、大さじ3のアーモンドプードルをばしゃぁっっと!広げます。

工程2

 

その次に切ったりんごを並べて、作っておいたソースを流します。(並べ方も何でも大丈夫です)

工程3

 

そして220℃のオーブンで焼くこと45分!

ちなみに予熱はしたりしなかったりです。

私の使っているオーブンは日本の様なレンジオーブンでは無いので、

「予熱機能?何それ?」

って感じのオーブンなのです。。

 

じゃじゃーん!!!

Apfelwähe

完成です(ᵔᴥᵔ)

何かあんまり美味しそうに撮れてない…笑

カメラ技術も磨かねば!!!

 

感想と注意点

最後どうやって記事まとめよう〜ってなったので、感想ゾーンを設けてみました(ᵔᴥᵔ)

私はいつも生クリーム(砂糖なし・ダイエット効果なし)を添えて食べています。

バニラアイスや粉砂糖と一緒に食べても美味しいのでは?!と思ったり思わなかったり…。

 

あ、それと砂糖の種類なのですが、スイスと日本では違うと思います。

日本では上白糖がメインでサラサラしていますが、スイスの一般的に使われている砂糖は、ほぼグラニュー糖ほどの大きさです。

上白糖で大さじ2だと、少し甘く感じるかもしれないです…。

 

そこら辺は完全にお好みなので、良い具合探してみてくださいね(ᵔᴥᵔ)

 

ではでは今日はこの辺で!

Tschüss!

コメント